リバイブラッシュは色素沈着するの?成分を調査してみた!

リバイブラッシュはまつ毛美容液の中でも安全性が高いまつ毛美容液といった紹介がされていることが多いのですが、まつ毛美容液には色素沈着があるといった副作用をよく聞きますよね。

まつ毛は伸びたけど色素沈着…

そんなのは嫌ですよね。

実際に色素沈着を起こす可能性のあるまつ毛美容液は販売されています。

しかしどれが色素沈着するまつ毛美容液か分からないというわけでなく、色素沈着が起こる可能性があるまつ毛美容液にはある決まりがあります。

リバイブラッシュが色素沈着を起こすまつ毛美容液なのかを確認してみましょう!

 

リバイブラッシュで色素沈着の可能性?

リバイブラッシュでは色素沈着の心配はあるのでしょうか?

まつ毛美容液の中で色素沈着が起こる可能性のあるものには特徴があります。

それがある特定の成分を配合しているということです。

それが以下の成分です。

  • ビマトプロスト
  • プロスタグランジン
  • プロステノールアミド

これらの成分は緑内障の治療成分です。

緑内障というのは眼圧が上がることによって起きた視野障害で、この治療薬として使用されている成分でもあります。

これらの成分は、まつ毛を伸ばす働きの他に、メラニン色素を活発化させてしまう働きもあるため色素沈着が起きてしまうのです。

最近ではこれら色素沈着を起こす成分を配合しているまつ毛美容液というのはあまり見かけなくなりましたが、海外製のまつ毛美容液にはまだ配合されている事があります。(昔のまつ毛美容液には配合されていることが多かったです。)

また、名前を変えてビマトプロストと同等の効果を発揮させているまつ毛美容液も存在します。

それがこちらの成分です。

  • デクロロジヒドロキシジフオロエチルクロプロスタノールアミド
  • エチルタフルプロストアミド

これら成分はリバイブラッシュの名前に似ている、あの有名なまつ毛美容液「リバ◯タラッシュ」に配合されている成分でもあります。

 

以上これらの成分がまつ毛に色素沈着を与えると言われていますが、リバイブラッシュにはこれら色素沈着といった副作用が心配される成分は一切配合していませんでした。

こちらがリバイブラッシュの全成分になります。

水、BG、グリセリン、プロパンジオール、ペンチレングリコール、ヒドロキシエチルセルロース、グリセリルグルコシド、アルガニアスピノサ核油、アセチルテトラペプチド-3、アセチルデカペプチド-3、オリゴペプチド-20、オリゴペプチド-24、オリゴペプチド-41、オクタペプチド-2、アカツメクサ花エキス、パントエアバガンス(リンゴ液汁/ウメ果実)発酵エキス液、加水分解オクラ種子エキス、加水分解アナツバメ巣エキス、加水分解エラスチン、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、アセチルヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、パンテノール、水添レシチン、デキストラン、デキストリン、フィトステロールズ、キサンタンガム

 

また、これら成分は色素沈着以外にも以下のような副作用が起こることが考えられます。

  • 痒み
  • 肌荒れ
  • 充血

まつ毛を伸ばすだけでなく副作用といった事が起こるのは嫌ですよね。

リバイブラッシュはまつ毛美容液の中でも断トツで安全性が高く、20種類の無添加成分にも拘りを見せています。まつ毛を伸ばすことだけでなく、危険性を避けたいとおもっているのならリバイブラッシュは最適なまつ毛美容液かと思いますよ。