リバイブラッシュとリバイタラッシュの安全性の比較をしてみた結果

リバイブラッシュは多くのまつ毛美容液の中でも圧倒的な安全性があると定評があるまつ毛美容液です。

そんなリバイブラッシュと似た商品としてリバイタラッシュというまつ毛美容液はご存知でしょうか?

リバイタラッシュもリバイブラッシュと同じく効果が高いと高評価で、もしかするとリバイブラッシュよりも効果があるといった口コミが多いかもしれません。

そんなリバイブラッシュとリバイタラッシュのどちらを購入しようか悩んでいる人は多いのでは無いでしょうか?

効果についてはどちらも優れていますので、

  • リバイブラッシュ
  • リバイタラッシュ

の安全性について比較してみたいと思います。

リバイタラッシュの成分が少し気になる…

リバイタラッシュの成分を見てみたいと思います。

水、グリセリン、ビオチン、セルロースガム、フェノキシエタノール、クロルフェネシン、リン酸2Na、リン酸、デクロロ・ジヒドロキシ・ジフオロ・エチルクロプロスタノールアミド、ブチレングリコール、トウキンセンカ花エキス、オタネニンジン根エキス、ソーパルメット果実エキス、ユチャ葉エキス、コムギタンパク、ペンチレングリコール、センブリエキス、ビオチノイルトリペプチド-1、オクタペプチド-2

こうみても何が危険で何が安全かまでは分かりませんよね^^;

1つだけ気になる部分というと「デクロロ・ジヒドロキシ・ジフルオロ・エチルクロプロスタノールアミド」といった成分が気になりました。

 

まつ毛美容液の口コミを見ていると

  • 充血した
  • 色素沈着した

といった口コミが多く見られている商品がありますよね?実はそれはまつ毛を育てるための成分である「ビマトプロスト」という成分によって引き起こされる副作用なのです。リバイタラッシュは昔ビマトプロストを配合していましたが、現在は配合されていません。

しかし、デクロロ・ジヒドロキシ・ジフルオロ・エチルクロプロスタノールアミドという成分は、ビマトプロストと同じ働きをもたらす成分なのです。

つまり、ビマトプロストの効果が少し残ってしまっているという事になるんです…

 

確かに、ビマトプロストは育毛効果が高いことで有名な成分です。ですのでリバイタラッシュの効果にも期待ができます。しかし安全面で考えると安全と言えないのも事実です。

その他は比較的安全な成分で作られているといった印象を持てました。

 

リバイブラッシュの成分は安全性が高い

リバイブラッシュの成分を見てみたいと思います。

水、BG、グリセリン、プロパンジオール、ペンチレングリコール、ヒドロキシエチルセルロース、グリセリングルコシド、アルガニアスピノサ核油、アセチルテトラペプチド-3、アセチルデカペプチド-3、オリゴペプチド-20、オリゴペプチド24、オリゴペプチド41、オクタペプチド-2、アカツメクサ花エキス、パントエバガンス(リンゴ液汁・ウメ果実)発酵エキス液、加水分解オクラ種子エキス、加水分解アナツバメ巣エキス、加水分解エラスチン、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、アセチルヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、パンテノール、水添レシチン、デキストラン、デキストリン、フィトステロールズ、キサンタンガム

リバイブラッシュの大きな特徴の1つが添加物を配合していないということです。

合成着色料・合成香料・石油系界面活性剤・パラベンなどの防腐剤といった添加物を排除して作られているため、敏感肌の方はもちろん使うことが出来ますし、目に入ってしまった場合もヒリヒリとして傷み無く使うことが可能です。

また刺激性試験もクリアしていますので、より安全度は高いと言えるでしょう。

リバイブラッシュの副作用やアレルギーについて

リバイブラッシュとまつエクの併用|副作用の心配はない?

リバイブラッシュは無添加成分で刺激性が少ないまつ毛美容液です。そんなリバイブラッシュはまつエクとの併用が可能な珍しいまつ毛美容液なのですが、まつエクと併用した場合の危険性や副作用といった事が心配になりますよね?

  • まつエクと併用していいのはなぜ?
  • 副作用や危険性は無いの?

といった事が気になるかと思いますので、リバイブラッシュとまつエクの関係性を解説していきたいと思います。

リバイブラッシュがまつエクと併用できるワケ

通常、まつ毛美容液というのはまつエクとの併用が出来なようになっています。なぜ併用できないのかと言いいますと、まつエクで使用している接着剤がまつ毛美容液に配合している成分によって溶かさせてしまうからです。

まつエクというのは自まつ毛1本に偽物のまつ毛を1本付けていきまつ毛を増やしていくのですが、この接着剤が溶けてしまうと、つけた偽物のまつ毛が取れてしまうといった事になるわけです。

せっかくお金を払って付けたまつ毛が簡単にポロポロと取れてしまうのです。

原因はまつ毛美容液に配合されている成分なのですが、リバイブラッシュにはそういった接着剤を溶かしてまつ毛が取れてしまう成分は配合されていませんので、リバイブラッシュはまつエクとの併用が出来るわけです。

公式サイトでもまつエクとの併用可能といった記述がされていました。

 

副作用やアレルギーはないの?

リバイブラッシュとまつエクを併用して副作用やアレルギーは無いの?といった事が気になるかと思います。

結論としては、副作用が一切なくリバイブラッシュとまつエクを併用することが出来ます

まつ毛美容液においての副作用としてあるのが以下のようなものだと思います。

  • 色素沈着
  • 目の充血
  • 目の痒み

これらの副作用が起きてしまうのは、ビマトプロストといった成分が配合されているまつ毛美容液なのですが、リバイブラッシュにはビマトプロストは配合していませんので色素沈着などの副作用が起きることはありません。

またリバイブラッシュは無添加成分で作られていますので目に入ってもヒリヒリとした刺激が無く使用することが可能になります。リバイブラッシュは5つの刺激性試験をクリアしていますので安全に使う事ができます。

 

まつエクをしている人ほどまつ毛美容液がおすすめです。

まつエクはまつ毛に直接接着させていますので重さにより自まつ毛が傷んでしまいます。また接着成分によっても傷みの原因となっていまします。そんなまつエクによって傷んだまつ毛をケアしてあげないと、自まつ毛が抜けてしまうことになります。自まつ毛がなければまつエクも出来なくなってしまいますので、まつエクをしている人であってもまつ毛美容液によるまつ毛ケアは必要になってくるでしょう。

【リバイブラッシュ】まゆ毛美容液/アイクリームでの副作用について

リバイブラッシュは無添加成分で作られている刺激の少ない安全性の高いまつ毛美容液です。リバイブラッシュは安全性が高く副作用も起こらないことで人気です。

そんなリバイブラッシュは、

  • まゆ毛美容液
  • アイクリーム

といった使い方も出来る、まつ毛美容液の中では珍しいタイプなのですが、まゆ毛美容液やアイクリームとして使用した場合も副作用やアレルギーの心配は無いのでしょうか?

今回はリバイブラッシュのまゆ毛美容液やアイクリームとしての副作用について紹介していきます。

まゆ毛美容液として使用した場合

まゆ毛美容液を使う場合において気をつけないといけないのが刺激性です。まゆ毛美容系やまつ毛につけるのとは違い、直接まゆ毛に広い範囲に塗ることになります。

刺激性が強いまつ毛美容液をまゆ毛に使ってしまうと、まゆ毛全体にヒリヒリといった傷みが出てしまう事になります。

また、配合成分にも注意する必要があります。ビマトプロストといった色素沈着を引き起こす成分を配合したまつ毛美容液やまつ毛育毛剤をまゆ毛に使ってしまうと、まゆ毛全体が色素沈着してしまいまう副作用が起きてしまうので注意が必要です。

リバイブラッシュは無添加成分で作られており刺激となる成分を一切配合していません。ですから目に入ってしまってもヒリヒリするような事は無いのです。このことからリバイブラッシュはまゆ毛美容液として副作用の心配なく使えるということが可能です。

アイクリームとして使用した場合

アイクリームを使う場合に注意しなければならないのが保湿効果です。アイクリームの成分の殆どは保湿成分で構成されています。保湿成分によって目元の肌の乾燥を防ぎ、シワになるのを防いでいるのです。

保湿成分が十分に配合されていないとアイクリームとしての効果が発揮出来ないだけでなく、逆に肌の乾燥を引き起こす可能性もあります。

またアイクリームも肌に直接塗ることになりますから刺激性には注意が必要です。先程紹介した通りリバイブラッシュは無添加成分で刺激がない作りになっていますので、肌に直接塗るアイクリームとしての使い方も可能でしょう。またリバイブラッシュは5つの刺激性試験もクリアしていますので、より安全に使えることが可能です。


 

リバイブラッシュが人気の理由には、育毛効果ももちろんありますが、低刺激性で初めてのまつ毛美容液にも使いやすいということが挙げられます。

海外製まつ毛美容液などは肌に刺激を与える危険な成分を配合していることもありますのでご注意ください。

リバイブラッシュはまつ毛育毛剤ではありません。

リバイブラッシュはまつ毛に保湿効果を与えて育毛効果が期待できる商品です。

よく勘違いをされている方が多いのですが、リバイブラッシュはまつ毛美容液であり、まつ毛育毛剤ではありません。

どういうことと混乱された方も多いと思われますが、育毛剤と美容液は効果も副作用などのリスクも全く異なります。

ここで詳しく解説していきますので自分が求めているのはどちらかをご確認ください。

 

リバイブラッシュはまつ毛美容液

リバイブラッシュは化粧品に分類されるまつ毛美容液です。

美容液と育毛剤の何が違うのかと言うと効果が違います。

  • 美容液は化粧品の分類で一定の効果が期待でき副作用の心配は低いです。
  • 育毛剤は医薬品の分類で効果が保証される反面副作用の心配があります。

このような違いになっており、入手方法も異なります。

  • 美容液・・・ドラッグストアやネットで購入可能
  • 育毛剤・・・医者からの処方箋が必要

まつ毛育毛剤が効果が高い理由にはある成分が配合されていることに理由があります。

それが緑内障治療に使用される成分です。

  • ビマトプロスト
  • プロスタグランジン
  • プロステノールアミド

これらの成分は緑内障治療のための成分ですが、副作用としてまつ毛が伸びる効果が発見されたために、まつ毛を伸ばす目的で使用されている成分でもあります。まつ毛が伸びる副作用だけなら良かったのですが、色素沈着や充血といった副作用も起きる成分でもあります。

(まつ毛美容液で色素沈着したといった声が見られるのはこれらの成分が配合されているものを使用してしまった為によるものです。)

これらは医薬成分ですので、医師による処方箋無しでは手に入れることが出来ない成分でもあります。まつ毛育毛剤も医師による処方箋なしでは手に入りません。

リバイブラッシュはこれら成分は含まれていませんし、化粧品ですので安全に使用することが出来るでしょう。

 

リバイブラッシュはまつ毛美容液の中でも安全度は高い

リバイブラッシュはまつ毛美容液の中でも安全度は高いまつ毛美容液として人気です。

その理由として、

  • 20種類の無添加
  • 5つの刺激性テストをクリア

といった事が挙げられます。

まつ毛美容液というと目に入ってしまった時が心配ではありませんか?パラベンなどの防腐剤が配合されていると目にしみるなどの危険性が高まるのですが、リバイブラッシュは無添加となっており、防腐剤不使用です。

公式サイトでも、

  • 目にしみにくい
  • ヒリヒリしにくい

といった記載がされていますので安心して使うことが出来るでしょう。

リバイブラッシュの育毛成分「キャピキシル」の副作用や安全性は?

リバイブラッシュはまつ毛にハリを持たせて健康的なまつ毛を育てる事ができるものですが、まつ毛美容液には必ずといっていいほど育毛が期待できる成分を配合しています。(中には保湿成分だけの配合のまつ毛美容液もありますが)

そんなリバイブラッシュの育毛成分として配合されている成分がキャピキシルという成分です。

まつ毛美容液と聞くと、

  • 色素沈着
  • 痒み
  • 肌荒れ
  • 充血

といった副作用が起こると言われていますよね。

これら副作用が起こるのは、まつ毛美容液に含まれる育毛成分による影響がほとんどなのですが、リバイブラッシュに含まれているキャピキシルは大丈夫なのでしょうか?

 

キャピキシルの副作用は大丈夫?

答えをお伝えすると、キャピキシルには副作用の心配はありません。キャピキシルは医薬品ではなく化粧品の分類になっているからです。

医薬品は効果が高い分副作用のリスクがある一方で、化粧品は副作用の心配がないように作らています。

色素沈着や充血といった副作用の声があるのは医薬成分を配合したまつ毛美容液によるものです。リバイブラッシュは医薬品ではなく化粧品ですので副作用の心配は低いでしょう。

ちなみにキャピキシルは、キャピキシルという成分は無く、

  • アセチルテトラペプチド-3
  • アカツメクサ花エキス

といった天然由来成分を合わせた原料です。

天然由来成分であることから安全度は高いと言えるでしょう。

 

リバイブラッシュはまつ毛美容液の中でも断トツの安全度を誇っています。その理由が20種類の無添加です。キャピキシルも天然由来成分で出来ていることからも無添加に拘りを持っており、安全度を高めています。

 

キャピキシルの効果の凄さとは?

リバイブラッシュが高評価の理由の1つとして、キャピキシルの効果が後押しをしています。

このキャピキシルは、薄毛の改善や毛を太くさせる働きもあることから男性用育毛剤やAGA治療としても使用されている効果に期待が出来る成分です。

このキャピキシルはミノキシジルの効果の3倍ともいわれている凄い成分なのです。(ミノキシジルも男性用育毛剤リアップに配合されている育毛成分です)

このキャピキシルを配合しているまつ毛美容液はリバイブラッシュだけですので効果が期待できそうですよね。

 

また、まつ毛美容液の効果を左右する成分の1つとしてペプチドが挙げられます。

ペプチドは必ずと言っていいほどまつ毛美容液に配合されている成分ですが、配合している数はバラバラ。

他のまつ毛美容液には3つほどしか配合していないのに対し、リバイブラッシュには6つ配合してます。

 

リバイブラッシュが目に入ったらどうなる?危険性はある?

まつ毛美容液はまつ毛の縁に塗るものですから、

  • 手が滑って目に入ってしまった
  • 垂れてきて目に入ってしまった

といった事が起こるのが想像できますよね。

まつ毛美容液は目の中に入っても大丈夫なのでしょうか?

リバイブラッシュは安全性が高いと言われるまつ毛美容液ですが、リバイブラッシュ目に入った場合でも大丈夫なのでしょうか?

 

リバイブラッシュは目に入っても大丈夫

答えを先に言うと、リバイブラッシュは目に入っても問題ありません

まつ毛美容液というと、いかにも目に入ると悪そうな成分が配合されていそうですよね。しかしリバイブラッシュに限らず、まつ毛美容液は目に入っても問題ないと言われています。

その理由というのがまつ毛美容液が医薬品ではなく化粧品だからです。

医薬品は効果が高い分、副作用などの心配がされるものですが、化粧品は身体の器官に影響をもたらすほどの副作用は出ないようにしなければいけない決まりがあります。

ですからリバイブラッシュが目に入って失明というようなことはありませんのでご安心ください。

しかリバイブラッシュは目に入れるためのものではありませんので、目に入った場合は、水で目をすすぐようにしてください。

リバイブラッシュでは報告されていませんが、他のまつ毛美容液では目にはいったまま翌日を迎えたら目が赤く腫れていたといった口コミが見られています。

化粧品のまつ毛美容液だからといって油断はしないようにしましょう。

 

リバイブラッシュは目に入っても刺激が少ない

リバイブラッシュを含むまつ毛美容液は、もし目に入ったとしても致命的な症状は無いということが分かりました。

しかし本当に前に入ってしまったら嫌ですよね?

  • 目にしみたらどうしよう
  • 目は痛くなるの?

といった不安がありますよね。

実際に目に染みるまつ毛美容液も多くあるのですが、リバイブラッシュは痛みや染みるなどの症状は出ない特徴があります。

痛みや染みるといった症状の有無はある成分を配合してるかによって代わります。

それがアルコールやパラベンなどの防腐剤として使用されている成分類です。

これら成分によってまつ毛美容液の品質を保っているのですが、目に入った場合には刺激となってしまうんですよね…

リバイブラッシュではそれら防腐剤は一切配合していない20種類の無添加を実現しています。

また、リバイブラッシュは5つの刺激性試験をクリアしてることからも目に入った場合の安全度を証明できます。

5つの刺激性試験の中に「眼刺激性試験」というものがありましたので目に入った場合の刺激が無いことが確認されています。

リバイブラッシュの公式サイトでも

  • 目にしみにくい
  • ヒリヒリしにくい

といった記載がされていましたので、目に入った場合でも安心できるでしょう。

リバイブラッシュの副作用やアレルギーについて

リバイブラッシュの妊婦への副作用は大丈夫?

リバイブラッシュは刺激が少なく安全性が高いと言われていますが、中には充血や肌荒れや色素沈着といった危険な声がするまつ毛美容液もチラホラ…

リバイブラッシュは安全性が高いと言われていますが、どこまで安全性は高いのでしょうか?

妊婦が使っても副作用の心配な無いのでしょうか?

結論としては、リバイブラッシュは妊婦が使っても問題ありません

この理由とされているのがリバイブラッシュの以下の2つの特徴です。

  • 20種類の無添加成分
  • 5つの刺激性試験をクリア

赤ちゃんにとって有害な添加物をここまで排除して作っているまつ毛美容液はリバイブラッシュ以外無いと言えるでしょう。まつ毛美容液には必ずと言っていいほど配合されているパラベンという防腐剤成分も配合していません。(リバイブラッシュでは防腐剤の代わりとして安全性が高い抗菌作用のある成分が配合されているので品質には問題ありません。)

また、刺激性試験を受けて5つクリアしているのはリバイブラッシュだけでしょう。

しかし、妊婦はホルモンバランスの影響で非常に敏感な身体の状態になっています。もし使用して異常を感じた場合は使用を中止し病院に行くことをオススメします。

妊婦が危険なまつ毛美容液とは?

妊婦が使うと危険なまつ毛美容液はなにか分かりますか?

それは、

  • ビマトプロスト
  • プロスタグランジン
  • プロステノールアミド

といった成分が配合されたまつ毛美容液です。

これら成分が配合されたものは”まつ毛育毛剤”として販売されていることが多く、妊婦の使用は控えたほうがいいです。医薬品は妊婦の使用は不可だからです。

これら成分は妊婦でなくても危険は伴う成分でもあるのですが、まつ毛美容液に配合されている可能性のある成分でもあります。

これらの成分は緑内障治療として使用されている成分で副作用として以下の症状が考えられています。

  • 色素沈着
  • 痒み
  • 充血

また、妊婦が使用した場合には以下のような症状が考えられています。

  • 流産
  • 死産
  • 早産

もちろんリバイブラッシュにはこれらの成分が配合していませんので安全性は高いと言えるでしょう。

妊娠中はホルモンバランスが崩れることから抜け毛に悩まされる人も多いかと思います。子供が生まれても綺麗な状態でいたいですよね。

色素沈着や充血といった心配を背負いながらまつ毛美容液を使うと、それ自体がストレスとなり、赤ちゃんにとって悪影響となっていまいます。

赤ちゃんのために安全性の高いリバイブラッシュはオススメです。

リバイブラッシュは色素沈着するの?成分を調査してみた!

リバイブラッシュはまつ毛美容液の中でも安全性が高いまつ毛美容液といった紹介がされていることが多いのですが、まつ毛美容液には色素沈着があるといった副作用をよく聞きますよね。

まつ毛は伸びたけど色素沈着…

そんなのは嫌ですよね。

実際に色素沈着を起こす可能性のあるまつ毛美容液は販売されています。

しかしどれが色素沈着するまつ毛美容液か分からないというわけでなく、色素沈着が起こる可能性があるまつ毛美容液にはある決まりがあります。

リバイブラッシュが色素沈着を起こすまつ毛美容液なのかを確認してみましょう!

 

リバイブラッシュで色素沈着の可能性?

リバイブラッシュでは色素沈着の心配はあるのでしょうか?

まつ毛美容液の中で色素沈着が起こる可能性のあるものには特徴があります。

それがある特定の成分を配合しているということです。

それが以下の成分です。

  • ビマトプロスト
  • プロスタグランジン
  • プロステノールアミド

これらの成分は緑内障の治療成分です。

緑内障というのは眼圧が上がることによって起きた視野障害で、この治療薬として使用されている成分でもあります。

これらの成分は、まつ毛を伸ばす働きの他に、メラニン色素を活発化させてしまう働きもあるため色素沈着が起きてしまうのです。

最近ではこれら色素沈着を起こす成分を配合しているまつ毛美容液というのはあまり見かけなくなりましたが、海外製のまつ毛美容液にはまだ配合されている事があります。(昔のまつ毛美容液には配合されていることが多かったです。)

また、名前を変えてビマトプロストと同等の効果を発揮させているまつ毛美容液も存在します。

それがこちらの成分です。

  • デクロロジヒドロキシジフオロエチルクロプロスタノールアミド
  • エチルタフルプロストアミド

これら成分はリバイブラッシュの名前に似ている、あの有名なまつ毛美容液「リバ◯タラッシュ」に配合されている成分でもあります。

 

以上これらの成分がまつ毛に色素沈着を与えると言われていますが、リバイブラッシュにはこれら色素沈着といった副作用が心配される成分は一切配合していませんでした。

こちらがリバイブラッシュの全成分になります。

水、BG、グリセリン、プロパンジオール、ペンチレングリコール、ヒドロキシエチルセルロース、グリセリルグルコシド、アルガニアスピノサ核油、アセチルテトラペプチド-3、アセチルデカペプチド-3、オリゴペプチド-20、オリゴペプチド-24、オリゴペプチド-41、オクタペプチド-2、アカツメクサ花エキス、パントエアバガンス(リンゴ液汁/ウメ果実)発酵エキス液、加水分解オクラ種子エキス、加水分解アナツバメ巣エキス、加水分解エラスチン、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、アセチルヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、パンテノール、水添レシチン、デキストラン、デキストリン、フィトステロールズ、キサンタンガム

 

また、これら成分は色素沈着以外にも以下のような副作用が起こることが考えられます。

  • 痒み
  • 肌荒れ
  • 充血

まつ毛を伸ばすだけでなく副作用といった事が起こるのは嫌ですよね。

リバイブラッシュはまつ毛美容液の中でも断トツで安全性が高く、20種類の無添加成分にも拘りを見せています。まつ毛を伸ばすことだけでなく、危険性を避けたいとおもっているのならリバイブラッシュは最適なまつ毛美容液かと思いますよ。