【リバイブラッシュ】まゆ毛美容液/アイクリームでの副作用について

リバイブラッシュは無添加成分で作られている刺激の少ない安全性の高いまつ毛美容液です。リバイブラッシュは安全性が高く副作用も起こらないことで人気です。

そんなリバイブラッシュは、

  • まゆ毛美容液
  • アイクリーム

といった使い方も出来る、まつ毛美容液の中では珍しいタイプなのですが、まゆ毛美容液やアイクリームとして使用した場合も副作用やアレルギーの心配は無いのでしょうか?

今回はリバイブラッシュのまゆ毛美容液やアイクリームとしての副作用について紹介していきます。

まゆ毛美容液として使用した場合

まゆ毛美容液を使う場合において気をつけないといけないのが刺激性です。まゆ毛美容系やまつ毛につけるのとは違い、直接まゆ毛に広い範囲に塗ることになります。

刺激性が強いまつ毛美容液をまゆ毛に使ってしまうと、まゆ毛全体にヒリヒリといった傷みが出てしまう事になります。

また、配合成分にも注意する必要があります。ビマトプロストといった色素沈着を引き起こす成分を配合したまつ毛美容液やまつ毛育毛剤をまゆ毛に使ってしまうと、まゆ毛全体が色素沈着してしまいまう副作用が起きてしまうので注意が必要です。

リバイブラッシュは無添加成分で作られており刺激となる成分を一切配合していません。ですから目に入ってしまってもヒリヒリするような事は無いのです。このことからリバイブラッシュはまゆ毛美容液として副作用の心配なく使えるということが可能です。

アイクリームとして使用した場合

アイクリームを使う場合に注意しなければならないのが保湿効果です。アイクリームの成分の殆どは保湿成分で構成されています。保湿成分によって目元の肌の乾燥を防ぎ、シワになるのを防いでいるのです。

保湿成分が十分に配合されていないとアイクリームとしての効果が発揮出来ないだけでなく、逆に肌の乾燥を引き起こす可能性もあります。

またアイクリームも肌に直接塗ることになりますから刺激性には注意が必要です。先程紹介した通りリバイブラッシュは無添加成分で刺激がない作りになっていますので、肌に直接塗るアイクリームとしての使い方も可能でしょう。またリバイブラッシュは5つの刺激性試験もクリアしていますので、より安全に使えることが可能です。


 

リバイブラッシュが人気の理由には、育毛効果ももちろんありますが、低刺激性で初めてのまつ毛美容液にも使いやすいということが挙げられます。

海外製まつ毛美容液などは肌に刺激を与える危険な成分を配合していることもありますのでご注意ください。